うんどう広場メソッド

はじめに

自閉症スペクトラム症(ASD)、注意欠陥・多動症(ADHD)、学習症(LD)などの特性をもつ
子どもの親御さんは「うちの子は脳の配線が異なるのだ」と考えて下さい。

注意力や学習に困難があっても、自閉症スペクトラム症があっても、
体を動かすことで脳をきたえることができ、
言語、気分、ストレスへの対処力などが向上することで、行動を改善することができ、
よりよい自分らしい人生を手に入れることができるようになります。

「うんどう」は、脳を鍛えるのに有効な手段のひとつです。

なぜ運動は良いのか?

運動すると脳に

脳内で神経伝達物質や成長因子が作られる

感情のコントロールが出来るようになり、気持ちを前向きにし、集中力を高める

より良くなる!

脳の細胞が最も広範囲で使われる(脳へたくさんの信号を送る事が出来る)

細胞同士のつながりが強くなり新しい細胞が生まれ育ち、脳の新しい回路が苦手なことを補う

苦手を補えるようになる!

基本フレーム

自分らしさの表現
身体のチカラ 30分間「うんどう」をすることができる
心のチカラ 「意思疎通」をすることができる
学習のチカラ 10分間「片づけ」をきちんとすることができる

詳細プログラム

パーソナルトレーニング
【個人】
コーポレーショントレーニング
【協力・共同】
身体を使って
(粗大運動)

1人で走る
例 )かけっこ

  • 連結
  • 反応

手をつなぐ・マネっこ遊び

  • バランス
  • 連結
  • 反応
  • リズム
  • 定位
  • 識別
ラダー等を使って
(粗大運動)

飛んだり、跳ねたりする
例 )ステップ

  • バランス
  • 連結
  • 反応
  • リズム
  • 定位
  • 識別
  • 変換

同時・同じ動き

  • バランス
  • 連結
  • 反応
  • リズム
  • 定位
  • 識別
  • 変換
ボールを使って
(微細運動)

ボールをなげる
例 )なげる

  • 連結
  • 識別

キャッチボール

  • 連結
  • 反応
  • 定位
  • 識別
  • 変換
【コーディネーション7つの能力】
能力 意味
バランス 崩れた体制でも
バランスを上手に保てる能力
転びそうになっても
持ち直すことができる等
連結 身体を無駄なくスムーズに動かす能力 受け身を上手くとれる等
反応 合図等に対して素早く反応する能力 スタートダッシュ等
リズム 動作のタイミング等を
上手く合わせられる能力
音や合図に合わせて指定の動作ができる等
定位 物や人等の位置関係を把握する能力 人と物との距離を
正確に把握することができる等
識別 状況に応じて適切に対処する能力 相手の動きに合わせて
適切に対応することができる等
変換 手や足、道具等を扱う能力 ボールを正確に
投げたり蹴ることができる等